menu

七夕に願いを込めて

 

明日は7月7日七夕です。
年に一度だけ織姫と彦星が会える日。
日本には季節の行事がいろいろありますが、七夕はいちばんロマンチックだと思いませんか?

 

 

七夕といえば、願い事を書いて笹竹に吊るのが習わしです。

エネルギーの観点から言うと、これは大変に理に適っています。

 

 

アインシュタインンの相対性理論から言うと

E(エネルギー)=m(物質の質量)c²(光の速度)

エネルギーと物質は等価である ⇒ あらゆる物はエネルギー

 

意識もエネルギーです。

 

自分の意識次第で、物質(現実)はいかようにも作られることになります。

つまり、現実は自分(意識)次第であり、自分(意識)が現実を作っているのです。

 

エネルギーは書いて文字にしたり、話して言葉にすると
物質化=現実化 しやすくなります。

 

 

七夕を機に、今まで「こうなったらいいなぁ」と思っていた願望を、
実際に行動に移してみましょう!
行動せずに自分を変えることはできません。

 

何から始めていいか分からない方は、

 

自分の願望を口にしたり、
手帳やスケジューリングアプリを使って、具体的な行動プランをを立てると、
願望に現実味が帯びてきます。

 

2020年は、激動の一年です。

どんな時代でも柔軟に変化していける人は、
必要以上に不安になることなく、その変化を楽しめます。

 

このタイミングを逃さずに、少しずつ行動を起こしてくださいね(^^)

PAGE TOP